商品紹介

【セット内容】
■SUPER BICOM78(硝化菌)

■硝化菌専用基質(5ml) ※青いボトルに白い蓋

■取扱説明書

【商品サイズ】
■50ml (硝化菌専用基質1本付)
■110ml (硝化菌専用基質1本付)
■250ml (硝化菌専用基質1本付)
■500ml (硝化菌専用基質2本付)
■1000ml (硝化菌専用基質4本付)

※日本・アメリカ・オーストラリア・ノルウェーで特許取得

特長・効果
  • 魚に有害なアンモニア・亜硝酸をバクテリア(硝化菌)の力で速やかに分解し無害化します。
  • 淡水性・海水性の硝化菌を独自の技術で高濃度・高活性に培養したバクテリア商品です。
  • 高濃度・高活性に培養されたバクテリアを使用しているので、素早い水作りが簡単に行なえ、不安定になりがちな水換え後や長時間かかっていた新規の水槽の立上げがスムーズになります。
  • 治療薬使用後の水換え時にも早期に水質を安定させます。
  • 餌食いの悪い時の改善
    アンモニア・亜硝酸の濃度が上がると餌食いが悪くなります。早めに改善を行なえば、餌食いは良くなります。
どのような時に使用するか
  • 水槽内に魚に有害なアンモニア・亜硝酸が発生したとき
  • 新しく水槽をセットするとき
  • 水換えをしたとき
  • 魚を追加したとき
  • ろ過フィルターを交換したとき
  • ろ過材を交換したとき
  • 魚病薬を使用したとき
  • 魚の餌食いが悪いとき

使用量
■新しく水槽をセットする場合
水量10Lに対してSUPER BICOM78を20ml添加してください。

水槽サイズ別使用量目安
水槽サイズ(cm) 30 36 40 45 60 90 120 150 180
水槽容量(L) 13 18 23 35 55 155 200 475 580
SUPER BICOM78規定量(ml) 26 36 46 70 110 310 400 950 1160
■水換えをする場合
水換えをした水量10Lに対してSUPER BICOM78を10ml添加してください。
※添加量を測る際にはSUPER BICOM78のボトルキャップをご使用ください。ボトルのサイズの違いから、キャップのサイズにも違いがありますのでご了承ください。

ボトルサイズ別キャップ容量一覧
ボトルサイズ 50ml 110ml 250ml 500ml 1000ml
キャップ容量 約8ml 約10ml

使用方法
よく振ってからご使用ください。

使用方法1 使用方法2 使用方法3 使用方法4
ボトルの底にある塊りはバクテリアが集まったものです。 ご使用いただく際にには、濃度を均等にする為によく振ってください。 規定量をキャップで測って添加してください。 ボトルキャップで測ったSUPER BICOM78を添加して完了です。

※添加したバクテリアの塊を魚が食べても問題はざいません。安心してご使用ください。

硝化菌専用基質(5ml)は硝化菌と一緒にお使いください。
一緒に入っている小さいボトルは硝化菌専用基質と言います。硝化菌に必要な微量元素(ミネラル)が入っています。
飼育水50Lに対して硝化菌専用基質1本を水槽内もしくはろ過フィルターに直接添加してください。
汽水魚にはSUPER BICOM78海水用をご使用ください。
硝化菌も魚と同じく淡水で活動するタイプと海水で活動するタイプが存在します。塩分のある汽水で活動する魚を飼育する際には海水用をご使用ください。※塩分濃度5‰(比重1.005)を超える比重にはSUPER BICOM78海水用をご使用ください。

殺菌灯・プロティンスキマーのご使用について
添加して直ぐのバクテリアは水槽内を浮遊しています。この状況で殺菌灯やプロティンスキマーをご使用されますと、殺菌灯の中を通過したバクテリアは死んでしまい、プロティンスキマー内に入ったバクテリアは水槽外に出されてしまいます。バクテリアがろ過材に定着するまでは殺菌灯やプロティンスキマーのご使用はお控えください。
※弊社製品:BICOM Bafiをお使いいただけば10時間で添加したバクテリアが99.99%以上定着するので、殺菌灯やプロティンスキマーを翌日からご使用いただけます。
ワンポイントアドバイス
SUPER BICOM78を添加した後、魚を入れるタイミング
硝化菌はアンモニアや亜硝酸を自分達が活動するエネルギーにする為に分解しています。硝化菌はアンモニアや亜硝酸が無いと活動できません。SUPER BICOM78を添加した後は出来るだけ早く、数匹の魚を入れてください。
テスターで水質を測り、アンモニア・亜硝酸が出なければ、少量の魚を追加してください。またアンモニア・亜硝酸が検出された際にはSUPER BICOM78を追加してください。

ページのTOPへ